公式企画

OFFICIAL EVENTS

#4辰巳蒸留所 町家オイデナーレ2020

場所
辰巳蒸留所
日時
2020.11.22 Sun.~2011.11.23 Mon.
郡上八幡の「かつて」と「いま」と
「あした」が混ざり合う二日間の町家フェス
今年もオイデナーレ開催日の22日、翌23日に辰巳蒸留所オープン致します。
蒸留所2階ではアブサングラスなど妖艶なガラス作品を製作しているP.P ★★★ CRYSTALが再び郡上にやってきます。
辰巳蒸留所のアブサンを紹介する際に使用しているあのグラスです。
製作者AEGさんと話をしながら、ガラス作品を見て購入できる貴重な機会ですよ。
1階のBARでは「飲む植物園」「虎ノ門蒸留所」「RAVI」が出店予定(※コロナの状況で変更あり)。
11月末の郡上八幡は非常に寒いです。特に蒸留所は製造所なので暖房はないと思ってください。服装は完璧な防寒対策(特に足元)で!お待ちしております。
【辰巳蒸留所オープン】
&P.P ★★★ CRYSTAL 作品展
&飲む植物園
&虎ノ門蒸留所
&RAVI
22日(日) 12時~21時LO.
23日(月) 12時~18時LO.

※蒸留所の中も自由に見学できます。

※P.P ★★★ CRYSTAL 展示販売。
↓ P.P ★★★ CRYSTAL
↓ 虎ノ門蒸留所
「飲む植物園」とは?
「飲む植物園」とは、 フラワーアーティストedalab.と、ドリンクディレクター・セキネ トモイキによるフードインスタレーションユニット。 ディスプレイとしての装飾花でなく、 味、 色彩、 香り、 触感など五感を通して食と植物の新しい楽しみ方を提案する体験型イベントを各地で展開しています。 過去には、 Intersect by LEXUS、 東京茶寮、 大阪ルクア、 京都タワーサンドなどにて開催されました。
フラワーアーティスト・edalab.(エダラボ)

2016年より、 前田裕也による植物のプロジェクト拠点として、 京都・紫竹にedalab.を開設する。
ブライダル装花やイベントを中心に活動しながら、 並行してアートワークの制作も行う。
また、 不定期でオープンラボ「秘密の花屋」を開催している。
2018年春 初のエキシビジョン「百の植物片」をMTRL KYOTOにて開催。
2018年夏 ドリンクディレクター・セキネ トモイキ氏と「飲む植物園」を始動。
Drink Director・セキネ トモイキ

nokishita711 gin & cocktail labo./ The Roots of all evil. (FOUNDER)
Ginfest. Tokyo (ORGANIZER)
Bugology (Bug Mixologist )

京都にてジン専門のカクテルスタンドnokishita711 gin & cocktail labo.、The Roots of all evil. を運営。
Ginfest. Tokyo、 飲む植物園、 昆虫食解体新書など新しい体験を生む飲食イベントをディレクション。

バーテンダーとしてもワールドワイドに活躍。
店舗の空間ディレクションも請け負う。

『飲食業を体験産業に』というテーマを掲げ、 飲食×空間×体験を駆使したディレクションを
仕掛ける現代の傾奇モノ
↓ 辰巳蒸留所
【最寄り駐車場】
郡上八幡愛宕駐車場(100台)より蒸留所まで徒歩15分
http://www.at-park.ne.jp/main/index/parkinfo~1079
※蒸留所の駐車場は使えません。